スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレンジ自在!意外と簡単なフランス家庭料理キッシュ基本レシピ

オシャレで豪華に見えるフランスの家庭料理キッシュ。
作ってみると意外と簡単。
下準備をしてしまえばオーブンで焼くだけ。
一度覚えてしまえば、具材を変えてアレンジも自在で簡単なのに美味しい。
Quich201413

簡単すぎて、いろんな具材でテキトーに試してキッシュを焼くこと数十回。
具材とフィリングのバランスもわかってきました。
その基本のレシピコチラ↓

:::基本のキッシュの材料  (タルト型25cm) 4~6人分:::
パイシート 1枚(手作りでも冷凍でも)

-フィリング-
・卵 3つ
・牛乳150ml
・サワークリーム(なければ生クリームでもOK) 50ml
・パルメザンチーズ 粉末50g

-お好みの具 参考-
・長ネギ2本 + 角切りベーコン100g
・長ネギ2本 + ・マッシュルーム100g
・マッシュルーム100g +角切りベーコン100g
・ほうれん草たっぷり +マッシュルーム100g
・ほうれん草たっぷり +角切りベーコン100g +エマンタルチーズまたはピザ用とろけるチーズひとつかみ(フィリングに入れる)
・ほうれん草たっぷり + ヤギチーズ100gを輪切り
・ズッキーニ大1本輪切り + 長ネギ1本
・トマト大1輪切り(炒めず並べる) + エマンタルチーズまたはピザ用とろけるチーズひとつかみ(フィリングに入れる)


カレー粉を足しても美味しい。

:::作り方:::
 オーブンを180℃に余熱しておく。

 フライパンに油を引いて具材を炒める。

  ポイントは『水分を飛ばすように炒める』
  長ネギは斜めに薄切り。マッシュルームは石づき部分を切ってスライス。
  ズッキーニは5mm程度に輪切りにしてフライパンに並べて焼く。
Quich201410

Quich201409

Quich201405


 フィリングを作る。
  ボールに卵を割りいれ軽くほぐす。
  牛乳、サワークリーム、パルメザンチーズを加えて混ぜ合わせる。
  卵をよくほぐすとふんわりとしたキッシュになります。
  わたしはガッツリとしたキッシュが好みなので軽くほぐす程度です。
  
  写真はエマンタルチーズ足しバージョン。
Quich201408

 タルト型にパイシートを敷いてフォークで数箇所穴を開ける。
Quich201406

 4に炒めた2の具材を均等に入れる。
  ズッキーニの場合はきれいにならべる。
Quich201407

ズッキーニ+長ネギ+ベーコン バージョン
Quich201402

長ネギ+マッシュルーム+ベーコン バージョン
Quich201414

 5に3で作ったフィリングを流し込む。
Quich201415

具材が隠れるように。
Quich201403

 180℃のオーブンで30分焼いて完成!
Quich201411

ほうれん草+マッシュルーム+ベーコン バージョン
Quich201401

フランスでは料理初心者でもおもてなしに作れる一品。
挑戦するまでは難しそうで手に付けにくかったけれど、作ってみると本当に簡単!
今では我が家ではパイシートを常備していて、めんどくさがリータの私にはもってこいの一品。
焼いている間に付け合せのサラダを用意したり。掃除を済ませたり。
Quich201404

残ったキッシュを翌日以降に食べるときは、低めの温度(160℃程度)のオーブンで約15分温め直します。
電子レンジで温め直しても食べられますが、生地がふにゃ~となってしまうのでオーブンがおすすめ。
おすすめ具材を見つけた方は、ぜひ教えてくださいね!


簡単おいしい&テキトーに作れる、めんどくさがりータにぴったりのレモンパイもあるよ。
コチラ→ 秘密レシピの"レモンパイ"

スポンサーサイト

Comments - 0

コメントを書く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。