スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナのバル・Ciudad Condal (シウダッド・コンダル)-Barcelona バルセロナ 2014 4日目-

4日目の夜は、中心街にあるCiudad Condal(シウダッド・コンダル) というバルへ。
Barcelona2014CiutatComtal07

フランスのガイドブックGuide du Routard Barcelone 2014からダーリンのチョイス。
大通りに面したこのCiudad Condal に到着したのは夜9時過ぎ。
Barcelona2014CiutatComtal03

土曜日ということもあってか、入り口付近はすでにたくさんの人が並んでいた。
受付のお姉さんがいて、名前と人数を告げる。
待ち時間を聞くと「40分くらいかしら」と忙しそうだけれど丁寧に答えてくれた。
Barcelona2014CiutatComtal04

受付に名前を告げたときに「待ち時間40分」と言われる。
お腹も空いたしグエル公園散歩で疲れたのもあって正直待ちたくない。
ダーリンも待っていられないだろうと思い「違うお店にする?」と聞くと、
「40分ならすぐでしょ」と意外な答えが返ってきた。

待っている間、店内やお客さんを観察していると意外に面白い。
店内・店外を合わせても軽く70~80人ほどは待っている人がいる。
かなり人気の店らしい。

ウェイターさんや目の前を運ばれていくお皿を眺めたりしながら待っているが、一向に名前を呼ばれる気配はない。
テラス席への接客係り用出入り口には簡易バーが設置されていて、待っている人たちはそこでサングリアを注文することも出来る。
みんなグラスを片手に辛抱強く待っている。

しかしレストランに入るために列を成して待つという習慣があまりないヨーロッパ人。
いやフランス人以外はよく知らないけれど、受付のお姉さんはいろいろな人にいろいろな言語で「○○だけど、あと何分?」と聞かれてちょっとうんざりしている様子。
かなりお疲れの様子だったけれど、丁寧に応対していた。
他のウェイターさんたちも疲れているだろうに、笑顔でテキパキと仕事をしている。
フランス人ならとっくに笑顔が消えて流れ作業になっている頃だろう。

1時間ほど過ぎた頃、ウェイティングリストを覗くとあと5~6組み目というところまできた。
しかし、そろそろ限界のようでダーリンが「もう諦めて他の店に行く!」と駄々をこねだした。
「ここまで待って諦めるなら、最初から諦めろ。。。」と心の中で叫びながら、とりあえずビールでも飲んでもう少し待とうとなだめる。
待ち人用カウンターバーでビールを注文するために現金を下ろしにATMを探しに消えたダーリン。

隣で待っている女性に「どれくらい待っているの?」と英語で聞いて時間を潰す。
「ずっと待っているけど、そろそろ限界!子供も離れたところで待っているのよ。でも本当に美味しいのよ。バルセロナに来るたびにここに寄るの」と英語で答えてくれた。
が、どうやらフランス人だったようで、その後、電話で離れて待っているらしい旦那さんにフランス語で話していた。



1時間半ほど待った頃に、とうとう私たちの順番がやってきた。

待ち時間の間に、ウェイターさんたちがせっせと給仕するお皿をチェックしていた。
待つのに疲れて考えられないダーリンをそっちのけで、食べたいものの注文はスムーズに完了。

エスカバリーダ(焼き野菜)のヤギのチーズ乗せ。
長時間オーブンで焼いた野菜の味がぎゅっと詰まっている上に、特徴のあるシェーブル(ヤギ)チーズが乗っていて、とろりと美味しい。
Barcelona2014CiutatComtal09

ミニハンバーガー。
チーズが特別なのか、手作りのせいか、とにかく美味しい。
ハンバーガーは、肉が柔らかいとここまで美味しくなるのかと感動する。
Barcelona2014CiutatComtal05

イカフライ。
スペインにはいろいろなイカの種類といろいろな料理方法がある。
イカはやっぱりフライが美味しい。
ちょっぴり味の付いた衣に、レモンを絞るだけのシンプルさ。でも美味しい。
Barcelona2014CiutatComtal02

初日の大量に注文し過ぎたタパス失敗経験を元に、ちょっとずつ注文。

カネロニ。
ひき肉入りの大きなマカロニ。元はイタリアンだけれど、美味しそうだったので注文。
クリームソースもたっぷり。
でもフランスのクリームソースほどしつこくなく美味しい。
Barcelona2014CiutatComtal08

パタタス・ブラバス。
ポテトにスペインならではのピリ辛ソースとガーリックのアリオリソースで食べるフライドポテト。
外はカリっと中はホクホク。な上にピリ辛ソースが美味しい。
Barcelona2014CiutatComtal01

スペインならではの居酒屋・バルの賑やかな雰囲気。
どのお皿を摘まんでも美味しい。
1時間半待つだけの価値は充分あるほど大満足。
私たちが食事を終えた12時頃。
まだ数人が席を待っていた。


ところで、今回このお店を見つけたフランスのガイドブックGuide du Routard Barcelone 2014
フランスの地球の歩き方ともいうべきGuide du Routardシリーズ。


ローマ旅行のときも大活躍した。
日本のガイドブックと違って、わら半紙のような安っぽい紙だし、写真もカラーも少ない。
けれどその分情報は細かく丁寧で正確。
レストランや宿は予算や雰囲気も書かれていて「思っていたのとは違ってた。。。」ということもなく、要望にぴったりのお店を探すことが出来る。
地球の歩き方 バルセロナ&近郊の町 2014Guide du Routard Barcelone 2014の二刀使いで今回のバルセロナ旅行はかなりの完成度となった。




そして忘れてはならないCrema Catalana(クレマ・カタラーナ)
見た目は前夜のCrema Catalana(クレマ・カタラーナ)と変わらない。
けれど、クリーム部分のキメの細やかさ、焦がした砂糖のカリカリだけど硬すぎない塩梅。
とにかく何を食べても美味しい。
Barcelona2014CiutatComtal06


あんなに待たされてご機嫌ななめだったダーリンも、自分の選んだレストランが大成功だったことにご満悦の様子。
今日の散策でかなりの疲労だけれど、バルセロナ散策はまだまだ続く。


Ciudad Condal
スポンサーサイト

Comments - 2

ちぃめい

>月月

もうね、全部が美味しかった。
タパスってけっこう簡単だから作ってみて~。

2014-09-11 (Thu) 16:47 | EDIT | REPLY |   

月月

ちょっとちょっと!写真全てがおいしそうじゃないか!
素敵な旅だわね~◎

あーお腹すいた!

2014-09-11 (Thu) 08:47 | EDIT | REPLY |   

コメントを書く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。