スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナのレストラン『MUSSOL』 -Barcelona バルセロナ 2014 3日目-

Tarragona(タラゴナ)の暑さにやられ、かなりお疲れのダーリン。

Barcelona2014Mussol04

バルセロナ中心地へ繰り出す元気もないので、ホテル最寄の駅まで戻り、近くのレストランで夕食を取ることにした。
この日も、私が事前に調べた『滞在ホテル近辺TripAdvisor高評価レストランまとめ』が大活躍する。

ホテルのある大通りDiagonal(ディアゴナル)通りは、ショッピングセンターやオフィスの並ぶ新市街。
バルセロナっ子たちの普段使いのレストランがある。
そのうちのひとつ『MUSSOL ディアゴナル店』
カタルーニャのカントリー風キッチンがコンセプトのお店らしい。
前菜は茄子のグリル・パルメザンがけ。
Barcelona2014Mussol02

ダーリンの前菜、ツナとポテトのなんちゃら。
Barcelona2014Mussol01

タラゴナからバルセロナ・サンツ駅に到着したのがすでに21時半頃。
レストランに着いたのも22時過ぎだったので、疲れのせいでメインの写真を撮るのを忘れてしまった。
ミートボールを食べた気がする。

しかしデザート・Crema Catalana(クレマ・カタラーナ)=スペイン風クレーム・ブリュレは忘れない。
Barcelona2014Mussol03

諸説あるようだが、カタルーニャ人は、このCrema Catalana(クレマ・カタラーナ)がフランスのクレーム・ブリュレの起源だと主張しているらしい。
フランスのクレーム・ブリュレは生クリームを基本として作る。
スペインのクレマ・カタラーナは牛乳のみで作るらしい。
そしてどうやら、写真の固焼きビスケット(イタリアのビスコッティみたいなの)を上に乗せるのがお決まりのようだ。

Barcelona2014Mussol05

しかし、昨日のレストランといい、このお店といい、私たちが入店する頃には数組のお客さんしかいない。
夜行性のスペイン人、夕食は21時~23時と聞いていたけれど、私たちの後に入ってくるお客さんは昨日もこの日もせいぜい2組くらい。
やっぱり翌日の仕事もあるし、もっと早めに食べるのだろうか。
(そんな思いも、翌日とそれ以降のお店で覆されたわけなのだが。。。
地元住民も夜は旧市街のレストランへと繰り出すみたい)

口コミサイトでの評価はイマイチのようだけれど、
テラス席もライトアップで雰囲気があったし(私たちの入店時には店内のみ、残りのお客さんたちがいたのみ)
料理の盛り付けもなかなか、味も合格点だった。
値段も、2人分の飲み物・前菜・メイン。そして食後に私→デザート、ダーリン→Carajillo(カラヒージョ)と呼ばれるコーヒーに蒸留酒またはラム酒を入れたものを注文して37.60€。
店員さんの応対も明るく丁寧、でもかしこまっていなくて心地の良いものだった。

MUSSOL (Diagonal)
Adress : Avda. Diagonal, 488 (between Balmes and Via Augusta)
Tel : 93 416 15 53
www.mussolrestaurant.com/

スポンサーサイト

Comments - 0

コメントを書く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。