スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなのゲントの訪問目的 -Belgium ベルギー2014-

町の中心地にある大通り沿いに大聖堂やら教会、市役所と歴史ある建物が並ぶ。

Gand2014Morning18

そのうちのひとつ"聖バーフ大聖堂"には『神秘の子羊』という門外不出の祭壇画がある。
ゲントを訪れる人々の大半はこの祭壇画が目的だろう。
まぁ、その門外不出の『神秘の子羊』はもちろん撮影禁止なので、写真はない。
絵画や芸術に疎いので、その素晴らしさを熱く語ることは出来ません。
しかし、その祭壇画は世界中の誰もが手に入れたいと願う美術品らしく、いろんな被害を受けたり盗難にあっている。
フランス・ベルギー・ドイツを巻き込む深い歴史があって興味深い。
1934年に盗まれた「正しき裁き人」部分のパネルは未だ見つかっていないそうだ。


もう2ヶ月も過ぎてしまったベルギー旅行。
どの写真がどの教会・大聖堂かわからなくなってしまった。申し訳ない。

Gand2014Morning15

Gand2014Morning14

Gand2014Morning05

Gand2014Morning04

ゲントはあまり予備知識もなく訪れた町。
ブルージュよりも観光地化しておらず、生活感があるけれど中世の歴史も感じされる不思議な町。
フランドル伯の城内見学もしたいし、もう少し滞在したかったけれど、予定よりも時間が押しているので、次の町・アントワープへと向かうことにした。
スポンサーサイト

Comments - 0

コメントを書く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。