スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Royal de luxe 2014 -初日・おばあちゃんの背中-

橋の上で、小人たち(観衆)に物語を聞かせた後、北欧民族風な音楽隊を従えて、再びお散歩に出たおばあちゃん。

RoyalDeLuxe2014-1stDay08

杖を突いて歩いているものの、背筋もピシッと伸びていてニコニコとご機嫌そうだ。

RoyalDeLuxe2014-1stDay09

前回のRoyal de luxe(ロワイヤル・ド・リュクス)のときもそうだったけれど、
前夜祭は雷の悪天候だったものの、初日から3日間、天気に恵まれおばあちゃんもお散歩日和。
しかし、おばあちゃんの世話役の小人たちには大変な暑さだっただろう。
RoyalDeLuxe2014-1stDay12

物語から出てきたような赤いベルベットの専用服。
おばあちゃんの頭からつま先まで、ひとつひとつの動きはこの小人たちがいるからこそ活きたものになる。
おばあちゃんの一歩は、小人ひとりがこの綱を持って一跳び分。
片足ずつ6~8人くらいが順番に跳び、おばあちゃんは歩いている。
この他にも頭の動き、目の動き、腕はもちろん20人以上の小人たちがおばあちゃんのお世話をしている。
RoyalDeLuxe2014-1stDay06

RoyalDeLuxe2014-1stDay05

RoyalDeLuxe2014-1stDay04

小人たちにとっては、車椅子におとなしく乗っていってもらった方が楽なのかもしれないけれど、
天気も良いし、おばあちゃんもご機嫌だし、観衆の小人たちも盛り上がったのは、お世話役の小人たちのおかげ。
スポンサーサイト

Comments - 0

コメントを書く

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。